TOKYO BEGINNER

カナダ情報をずっと書いてましたが、現在は東京付近でのおすすめ、行って良かった場所の情報をのんびりと更新しています。

観光名所で文明に触れる Royal Ontario Museum

By Umejintan

2016年08月23日

Royal Ontario Museum

 

トロントに来たら、是非訪れたい観光名所、ロイヤルオンタリオミュージアム。世界の古代文明の歴史から、恐竜の化石、現代の生物まで、幅広いコレクションで訪れる人を楽しませてくれます。中に入った途端、ふらっと入ってしまったのを後悔するほどの広さ。しっかり時間を取って、じっくり回りたいです。

考古学に歴史、家具に宝石、ヨーロッパからアジア、ミドルイースト、文明、更に宝石、広範囲にわたる様々な展示品が収集されているので、自分の興味のある場所に絞ってじっくりと見るのも良いかもしれませんね。

 

Level 1 Asian Exhibitions, Canadian Exhibitions etc. /1階メインフロア アジア、カナダの展示品など

 

まずはメインフロアから。長い列ができていましたが、受付は意外とすんなりと終了。荷物も何も言われることなく持ち込み可でした。

1階はアジアの展示品が中心。アジアといっても、中国が大半を占めています。その両端に日本と韓国の物がちょこっとずつ展示されています。仏像が並ぶ姿は不思議な迫力。実はこの時点でカメラの充電が残り少ない事が発覚したので大急ぎで2階に向かったのであまり見ずじまいでした。同じく1階のカナダの展示品には、絵画や家具が多く飾られています。先住民族の展示品もあったのですが、こちらも充電の関係で回れず。カメラを持参すると撮影が目的になるので善し悪しですね。

 
Level 2 Dinosaurs, Biodiversity gallery etc. /2階 恐竜の化石、生物など 

 

そんな訳で2階へ。

2階には恐竜の化石があるので小さい子もたくさん居ました。美術館や大人向けの博物館とは違って、特に男の子たちはお父さんお母さんの手を引っぱり大興奮で恐竜の話に夢中。

巨大隕石の衝突や気候の変化によって絶滅したとか仮説は色々あるみたいですが、そもそも6500万年前という途方もない時代の流れと、ジュラ紀、白亜紀の恐竜の時代が存在していたことすら想像すると怖くて震えてしまいます。怖いもの見たさでネット検索すればするほど不思議な世界。だからこそ私たちを魅了し続ける恐竜の化石は2階に展示されています。

同じくマンモスなど数千年前まで生息していたとされる生き物などの展示も2階。

 
Level 3 European, African, Middle East Exhibitions etc/3階 古代ヨーロッパ、アフリカ、ミドルイーストの展示など

 

3階には古代ヨーロッパ、アフリカ、ミドルイースト、南アジアなどの展示物。歴史好きには溜まらないだろうと思われる。歴史には疎い私でも教科書で見た物を見つける度少しテンションが上がった。Bay Station 、St. George Station、Museum Stationから徒歩ですぐに見えてくるいびつな形の建物は、中に入らずとも観光スポットとしては訪れて見る価値ありです。

Admission;

The museum offers a discount admission after 4:30PM until 8:30PM on Summer Fridays. (July 1 to September 23)

General Admission --- Adult $17.00/ Student(15-25) $15.50/ Senior(65+) $15.50/ Child(4-14) $14.00/ Infant(0-4) Free

Hours;

Monday to Thursday 10:00 am to 5:30 pm
Friday 10:00 am to 8:30 pm
Saturday & Sunday 10:00 am to 5:30 pm

Open daily except for December 25

Address;

100 Queen’s Park, Toronto, ON, M5S 2C6 

 
もっと写真を見たい方はこちらへ。

いつも訪問頂きありがとうございます。
カナダ情報、ライフスタイルのブログランキングに参加しています。
Clickして頂けると嬉しいです!
↓↓

Share: