TOKYO BEGINNER

カナダ情報をずっと書いてましたが、現在は東京付近でのおすすめ、行って良かった場所の情報をのんびりと更新しています。

平日の東京ディズニーシーレポート 大人でも楽しめるのか?

By Umejintan

2018年06月07日

初 東京ディズニーシー!

 

人生初のディズニーシーです。

大人でも楽しめるという噂はかねがね聞いていますが、どうなんでしょう?

楽しめるのか不安なまま、向かいました。

 

アクセスは車、電車、バス、いずれも可能ですがバスだと東京駅から約25分で着くのでとても便利ですね。

 

ディズニーシーへの交通アクセス

 

バスは全国各地から走っていますが、東京都内では11ヶ所から直行バスが走っていて更に便利。

そういえば昔、大阪から東京ディズニーランド直行の夜行バスに乗って行ったことを思い出しました。

その時は3月の寒い日で、ディズニーランドに朝早く着いて誰も居ない園内を震えながら歩いた記憶があります。

 

東京都内

 

池袋から10時10分発のバスに乗ってスタンバイしていたところ、他にお客さんが乗って来ることもなく貸し切り状態で出発。

平日だといつもこんな感じなのかもしれませんね。土日祝はきっと混み合うことが予想されます。。

座席と座席の幅は狭く、快適とまでは言えないですが(貸し切りだったので思い切り倒したのでこの日は快適)50分ほどで着くので電車を乗り継ぐよりはかなり便利です。

料金は一人1000円

Image Description

 

荷物チェック、そしてスマホから事前に予約していたチケット購入画面を見せて園内へ。

パークチケット購入

この日は関東圏限定のウィークデーパスポートがあったのでそちらを購入。通常7400円の入場料が6400円になるのでかなりお得!

 

Image Description

 

 

外国に来たような、異国の雰囲気が広がっています。人もそれほど多くないので比較的歩きやすくゆったりした感じです。

さっそく、”大人でも楽しめる”意味がわかりました。外国のような町並みを歩くだけでも別の世界に入り込んだようでワクワク、迷っていると手を差し伸べてくれるキャストの優しさ。日傘をさした3人組の年配女性がのんびりと散歩しているかと思えば、絶叫系アトラクションのファストパスを買って一人で乗り込むおじさまの姿も。

  • タワー・オブ・テラー
  • インディー・ジョーンズ・アドベンチャー
  • レイジング・スピリッツ
  • フランダーのフライングフィッシュコースター
  • センター・オブ・ジ・アース

など、大人向けアトラクションもありますしね。
 

雰囲気だけを味わいながら散歩するも良し、絶叫アトラクションに挑戦するも良し、6月の平日の昼ということで子どもの姿はあまりなく、全体的な雰囲気も大人の場所というイメージでした。

Image Description

 

Image Description

 

Image Description

 

Image Description

パレードもばっちり見て来ましたよ。

”夢”という言葉に改めて青々しい若さエネルギーが満ち溢れていて、とても心に響きました。

Image Description

 

Image Description

 

外してはならない、タワーオブテラー

そびえたつ建物から定期的に絶叫が聞こえてきます。実際乗ると、魂が抜けるような感覚。。病み付きになりそうです。

Image Description

夕暮れと共に、学校を終えた高校生の集団など人が増えてきました。

暑かった園内も日陰になり、街全体がロマンチックに彩られ始めます。レストランのテラスには夕食を楽しむカップル。

ただ歩くだけでサマになるこの異国の景色は日本ではここでしか味わうことができないものだと思います。去るのが悲しく名残惜しく旅行の終わりのような気分になりますね。

ディズニーシーは間違いなく、大人が楽しめる最高の場所だと思いました。

Image Description

追記

また帰りはバスを利用して貸し切りに近い状態で駅に連れて行ってくれましたが、その後のJRではラッシュ時の波に遭遇。平日だからこその電車の混み具合は考慮しておかなければならない点でした。。お子様連れの場合は早めに切り上げるとかしないと大変だなと思いました。以上、追記でした。

 

いつも訪問頂きありがとうございます。
カナダ情報、ライフスタイルのブログランキングに参加しています。
Clickして頂けると嬉しいです!
↓↓

Share: