TOKYO BEGINNER

カナダ情報をずっと書いてましたが、現在は東京付近でのおすすめ、行って良かった場所の情報をのんびりと更新しています。

カナダの涼しい夏 6月の服装/韓国風にゅうめん(風)のレシピ

By Umejintan

2017年06月11日

Art in Central Park

 

なんだろう?

植木のアート?

何かわからないけど、公園にひっそりと並んでいた。

誰に目を留められるでもなく、ただ、立っている。

また週末にイベントでもあるのでしょうか。 


6月上旬のバンクーバー

晴れていても、どこか夏が過ぎ去ったような涼しい空気が半袖一枚で出かけることをためらわせる。

案の定、少し陰った途端に寒くて身震い。

気づくと元気に半袖で歩く男性の隣にレザージャケットを羽織っている女性。

サンダルで軽やかに歩く少女の後ろにはブーツに身を固める女性。

6月に限らず、どの時期でも人々の服装はバラバラ、何でもあり。恥ずかしい概念は無し。全ては主観で決める。

ただ、呉々もバンクーバーの夏を半袖一枚で一日過ごそうとは思わないよう。今日は長袖のサマーセーターにジーンズでしたが靴下履かずに出たので冷えました。

見た目は夏なんだけど、気温を暑く上昇させて保つポテンシャルに欠けるようですね。

Dinner

 

『今日ご飯要らないよ』と言われた日の夕食は、手抜きしたい気持ち半分、でもつまらない食事で終わらせたくない気持ち半分。

わざわざ買い物行く気にもならないし、冷蔵庫の残り野菜を全て使えるメニュー、そこでミネストローネ。

今日はじゃがいも、パプリカ、大根、キャベツ、マッシュルーム、玉ねぎ、ズッキーニがあったので全てぶち込み、パセリをパラパラ。

大抵、ベーコンや肉無しで作ります。ブイヨンも基本入れません。お塩だけ。

野菜の味だけで充分。と言いたい所だけど、一人だからできること。二人の時は一応、お醤油をちょっと入れてみたり、ミルクを足してみたり、ちょっとは味付けします。そうしないと野菜食べてもらえなくて本末転倒ですからね。。

一方、土曜日の食事はにゅうめん(風)。レシピ載せておきます。


韓国風にゅうめんレシピ

3人分

①だし(今日は昆布と煮干し)を作る

②素麺を別で茹でる

③好きな野菜(ズッキーニ、マッシュルーム、ネギ、人参、椎茸、など)やカニかま、厚揚げなどを切って出汁と煮る

④醤油大さじ2、みりん大さじ2、砂糖大さじ1、塩、胡椒、を入れて味を整える

⑤ごま油大さじ1を足す。→卵を割り入れてもOK

⑥お椀に入れた素麺に、出来た出汁を注ぐ


ではみなさま、良い週末をお過ごし下さい。

いつも訪問頂きありがとうございます。
カナダ情報、ライフスタイルのブログランキングに参加しています。
Clickして頂けると嬉しいです!
↓↓

Share: