TOKYO BEGINNER

カナダ情報をずっと書いてましたが、現在は東京付近でのおすすめ、行って良かった場所の情報をのんびりと更新しています。

ソウルの街の変化を感じた久しぶりの韓国旅行 2016年末

By Umejintan

2016年11月28日

韓国旅行 2016年末

 

デモでどうなることかと思われたソウル旅行ですが、楽しく過ごしています。さすがに寒くなって皆膝までのダウンコートに身を包み歩いている状態ですが、建物の中は暖かく体が冷え切る感じではありません。

今回の訪問で感じたのは、15年前に初めて訪れた韓国のイメージとは全然違う!ということ。

以前のごちゃごちゃした「ザ’アジア」みたいな雰囲気が抜けて、モダンで暮らしやすい「普通の都会」へと変わってきたように思います。

何重にも適当に駐車されていた車はきちんと駐車場に収められ、道の真ん中に止まるバスに向かって走って何とか乗車したことも今は昔で、ちゃんと路肩に止まって乗車させてくれます(笑)。

一時代が終わり新たな時代への変化を目の当たりにしたような、15年の月日の長さを思い知らされたような、そんな感じですがともかくいろいろな場所が整備されていくのはいいことですね。

さて、今回はちょっと王道から離れて穴場的な場所を狙ってみました。詳しく書いて行きます。
 

建大入口

 

最近韓国を訪れる時にうろうろしている建大入口(コンデイプグ)。

新しいロッテ百貨店があり、また大学がそばにあるため若者や若いカップルでにぎわう街です。EMartが入っているのも便利だし、Starcityにはカフェが幾つも入っていて勝手に穴場と呼んでいます。

とにかく若者だらけの印象です。

昔ながらの商店街は、以前は服屋さんで溢れていましたが、今は食べ物屋さん通りと化しています。

ずっと歩いていくとおしゃれな青い倉庫のような建物が目に付きました。

COMMON GROUND

年中無休

ファッション、雑貨、コスメなど小さなお店が店舗を構えるおしゃれなショッピングモールです。

3階まで上がるとレストランが並ぶテラスに出ます。これはデートにぴったりだろうと昼間から想像できます。


建大入口に来たら、勝手に穴場と呼んでいる「the classic 500」のカフェへ。

さすがにスタバは混んでいますが、ほかにも心地の良い広いカフェが幾つかあるのでそちらへ。

レジデンスなので人通りが少なく、高級感もあり、まさに穴場として使えるのが嬉しい。とはいえ、どの時間帯に来てもある程度人は入っています。

今日は久々に明洞にも行ってきました。それはまた次回に回したいとおもいます。

市庁駅(シチョン駅)

 

人づてに聞いた、知らない人は絶対来れないような場所にある景色を楽しめるカフェへ行ってきました。

それが思いがけず良かったので書いておきたいと思います。


向かった先は、ソウルメトロの市庁(シチョン)駅 

徳寿宮、圓丘壇などの史跡があり、今でいうとデモが行われているのもここから間もなくの場所です。

風情がある静かな道は、昔は多くのカップルがデートで歩いていたとか。

大きな美術館があっったりと良い感じです。


本日向かったのは、写真にある門の向こう、左奥にある高い方のビル。

まずは何の変哲もないオフィスビルに入り、そこからロビー横のエレベーターに乗ります。13階で下りると、すぐ右手にカフェがあります。

小さなカウンターですが、飲み物の種類も充実していてちゃんとカフェです。柚子茶もあるのが観光名所っぽいですが、実際は観光客らしき姿は皆無。 

代わりに地元の人やそのビルで勤務する人などはまあまあ出入りがありました。大きな壁一面の窓からは徳寿宮を中心に、栄えた街が見下ろせます。

徳寿宮の周りは大使館が集まるエリアでもあります。

徳寿宮 

注文したヘーゼルナッツラテが思いのほか美味しかった。 

お客さんが少ないのもあり、13階から見る景色は一人占めしているようでとても良かったです。

お洒落なカフェというわけではないけど、カフェついでに観光気分を少し味わえる良いスポットだったので、機会があれば是非訪れてみて下さい。 

他記事

韓国旅行も一緒にどうぞ。

いつも訪問頂きありがとうございます。
カナダ情報、ライフスタイルのブログランキングに参加しています。
Clickして頂けると嬉しいです!
↓↓

Share: